ハイエースのサイズの違いは?新型300系モデルはいつ発売する?

気になる話題 トヨタ ライター:

ハイエースの違い

ハイエースにはサイズが色々あるため、複雑で分かりづらくなっています。

まず、ハイエースにはバン、ワゴン(単に、ハイエースと言うとこちらを指します)コミューターがあります。

バンは荷室が広い貨物車、ワゴンが乗車スペースが多いもの、コミューターが定員が10名を超えるため普通免許では運転できないモデルとなっています。 

こちらの記事では、最もよく売れているハイエースワゴンについて解説していきますね! 

ハイエースワゴンのサイズ

ハイエースワゴンの全幅は、1,880mmのワイドボディ設定のみとなっています。

GL、DXグレードは全長4,840mm、全高2,105mmとなっています。

グランドキャビングレードは全長5,380mm、全高2,285mmとなっており、他のハイエースよりも大き目なサイズとなっています。

↓グランドキャビン

新型ハイエースはいつ発売?

時期ハイエースとなる300系ハイエースは15年振りにフルモデルチェンジすると予想されており、2018年末~2019年頃の発売では?と言われています。

デザインはボンネット部分が少し前に出るような形のボンネットバンになるのでは?と言われています。

ボンネットがないと衝突時の安全性が低いと言われるため、こうしたデザインになるようです。

 

スポンサードリンク

 

ハイエースに買い替えを検討中の方への重要なお知らせ※

新車に買い替える際、重要なのが「ディーラー下取り価格と中古車専門店の価格の違い」を知ること。買取価格は中古車業者の顧客動向などにより常に変動しており、その時点での欲しい理由によっては査定額が大幅に上昇することもあります。面倒だからと1業者で売却や下取りを決めるのではなく、複数の中古車業者の見積もりを比較することを強くお勧めします。当サイトでは株式会社エイチーム(東証一部上場)との提携により下記入力フォームから安心の一括査定依頼をスタートすることができます。たった9項目45秒で完了、最大10社の車買取業者がメールまたは電話にてご連絡いたします。 各社からの査定金額を比較して最高額の売却先を見つけてください。

新車に乗り換えの前に、ちょっと待った!【速報!一括査定のリアルな声】

新しいクルマの購入を考えるとき、すごーく気になるのが価格。 安く買う方法として、最もカンタンなのが、「下取り車」の査定額をUP!させる事。下取り車に高値が付けば付くほど、買う時の負担金が大きく減ることになります。「下取り車は新車の頭金の一部として」という考え...

修理車検新車購入前に!今の車の価格を見ておこう!
【簡易版】車査定価格_自動計算

かふうカーズオリジナル 下記2項目の入力のみ! おおよその<査定額>を今すぐ検索しよう!

初度登録

車種名(フリーワード)

例:『レクサス ハイブリッド』『フィット 4wd』

アクセスランキング

かんたん車査定ガイド

人気の記事

もっと見る

注目の中古車買取