【車乗り換え検討中!】下取りVS買い取り、どっちがいいのかガチ査定!

レポート トヨタ ライター:
かんたん車査定ガイド

先日、私の愛車ルミオンの点検のため、ディーラーへ行ってきました。

 

今年2度目の車検が終わってからの半年点検だったのですが、待ち時間が暇といういうことで、子供たち(男子二人)と主人で置いてある試乗車を物色。

 

 

新しい車ばっかり並んでいるから、子供たちが大興奮!

 

 

そして、主人も一緒になって興奮していたのが、ミニバン「ノア」。

当たり前だけど、ルミオンに比べたらノアの方が広い。

 

「これ欲しい!ひろーい!!」と騒ぐ男子たち。

 

そりゃそうでしょうよ…。比べる車間違ってるし…。 

 

と、思いながらも、

暇だという言い訳をつけ、ノアの見積りと、ルミオンの下取り価格を出してもらうことにしました。

 

ディーラーの下取り価格が予想外で驚き!

下取り車:カローラルミオン

年式:23年式

走行距離:約82,300km

車検:年内に2回目受けたばかり

 

 

ルミオンの下取り額

ななななんと、、

 

 

60万円!!

 

 

ローン残り30万円ありますが、返済+頭金ができちゃう額になりました!

 

 

ちょっと気を良くした我々は、本気でノアに乗り換えるか頭を悩ますことになり、ノアの値引き含めた見積りを出してもらいました。

 

新車ノア、グレードはハイブリッドG、オプションもろもろつけて、下取り&値引き含め、310万。

 

そして、家に持ち帰り、

 

ただのルミオン点検が新車買うか?のマジな話に。

 

どうやったらもっと安くなるか?この際だから色々調べてやろうと思い、買取店舗を回るのも手間だったので、車の買取一括査定に申し込んでみることにしました。

 

ネットでできる、車買取一括査定に申し込んだ。

 

 

↑ここに情報を入力。30秒でできました。

「簡単&無料 確認画面へ進む」を押して、

 

ジャン!

 ↑登録した住所に近い買取り業者

さすが田舎、業者の数4社!少なっ…。

「無料一括査定を申し込む」をポチ。

 

 

おおお!現在の買取り概算価格でた。

ちょっと価格の幅が広いので、正直、「ふーん」という感じでした(笑)

これで一連の申込作業終了。

 

 

ちなみに、メールアドレスも登録したので、こんなの来ました↓

親切なことに、条件絞り込んで概算価格をもっと見られるようです。

やってみたのですが、同じような価格が出ました。

 

ルミオンのモテ期は今だった!

この後です、依頼先のお店から我先にと電話が!

私の大事な大事なルミオンはこんなに人気なのか!という程、

 

「是非見させて下さい!」

「とてもいい車なので見たいです!」

「うちも欲しいので1社だけの査定で決めないで下さいね!」

 

というモテぶり。

 

きっと、今が一番のモテ期なんですね。

 

数人の輩が私の大事なルミオンをめぐり争奪戦。

 

人生でこんなにモテたことない私は、かわいいルミオンのモテ期に嬉しくなりながらも、寂しくなりました。

 

この時点で、ルミオンを欲しがっている業者は、査定依頼した業者すべてだったことが分かり、めんどくさいけど、1社ずつ査定してもらうことにしました。

 

 

さて、

ディーラーが叩き出した60万に勝てる買取業者はいるのでしょうか?!

 

まるでかぐや姫。各業者のルミオン買取査定は?

まず、1番目の男。我先にと来たのは大手の大手ガ●バーさん。

 

ディーラーさんの下取り価格を含めた話になったのですが、、

 

「正直うちは45~50の査定が限界です。ディーラーさんの60万まではちょっと…同じにできるかも…?頑張りますが。。きっと、他の業者さんも同じことを言うと思います。」

 

だそうだ。

電話の勢いはどこいった…笑

 

結局のところ、買取価格というのは、

中古車市場からまずは算出され、そこから年式と走行距離やら付属品やら算出していくのだそうで、ある程度の買取り相場というのは決まってるんだって!

 

だから、今回のディーラーが出してきた60万は無理して出している額か、新車値引きの値段が下取りに入っているかもしれない?ということも踏まえて、

 

「もう一度見積りを出してもらったほうがいいですよ」

 

というアドバイスを頂きました。

 

ということで、5年落ちの8万キロなルミオンを60万で買い取りできるんだかできないんだか、ハッキリしない感じで帰還されました。

 

 

 

2番目の男、ビッグ●ーターさん。←査定依頼出してないのになぜか名乗りを上げて参上した超新星。

大手の大手ガ●バーさんの予言通り、

 

「うちもお手上げです。ディーラーさんには太刀打ちできません。ディーラーさん、めっちゃ頑張ってくれてますよ!」

 

と、ビッグ●ーターのお兄さん。

 

「もし、値引き交渉を進めていて、下取り額が下がるようならうちに相談して下さい。」

と決め台詞を言い、御帰りになられました。

 

 

3番目の男、そこらじゅうに店舗がある支店舗の鬼アッ●ルさん。

ひと目見るなり

 

「かっこいいっすね~!これエアロ付いてるんですよね?グリルも変えたんですか?」

 

と、ルミオンをべた褒めするイケメンっぷり。

さて、そのルミオンをどう料理したのでしょうか。

 

他店と違って、アッ●ルさんはタブレットを見せてくれました。下取り・買取の相場から中古車オークションでの相場、最終的にお店に並ぶときの売値まで。

 

事細かに説明してくれ、

ディーラーさんの下取り額60万を超えて、、

 

「年内なら60万円で買取できます。すぐなら新店舗オープンキャンペーンで1万円プラスします」

 

という、ディーラーさんの無茶な下取りと同等の査定額+1万円を出してくれました。

 

そして、アッ●ルさんの査定内容をまたもタブレットで見せてくれたんですが、

査定には加点と減点があることを教えてくれました。

 

加点は、

内外装の装備と車検までの期間で算出。

 

減点は、

走行距離とボディの傷で算出。

 

買取での減点は当たり前にあるけど、加点も本当にあるんだと信じるようになりました。

 

また、実際に売却となったら新車納車までの期間は代車を貸してくれると言ってくれました!

 

ただ、軽自動車だということでお断りさせて頂きましたが…笑

 

 

4番目の男、ディーラー下取り価格を言った途端、華麗に「買取り不可!」と電話の時点で逆に振ってきたカー●ブンさん。

電話をしてくれた方が元販売員の方で、

ルミオンの下取りと値引き内容を伝えたところ、、

 

「60万、、正直うちはお手上げです。太刀打ちできません。ディーラーさんとても頑張ってくれているので、是非新車買ってあげて下さい。」

 

と、ディーラーさんを褒め倒してました。

 

ちなみに、契約11月、納車12月が私たちの希望。

知らずにいたのですが、1年間でもっとも車が売れない時期が11月~12月の年末なんだそうです。

 

この時期だからこそ、

「下取りと値引きを大きくしてでも売りたい!」という、ディーラーさんの気持ちを込めて「60万」という下取り価格が出ているんじゃなかろうか?ということです。

 

下取りを高くしても、どれだけ値引きしても、どーしても売れないのが11月~12月で、逆に、下取りと値引きをぼやかしても売れるのが1月~3月なんだと、

 

カー●ブンのお兄さんが教えてくれました。

 

 

残り物には福がある?最終ランナー、5番目の男カー●スさん。

ルミオンをめぐって、買取業者さんたちが出入りすること早3日。

最終ランナーのカー●スさんが出した答えとは?!

 

「他の業者さんだと、下取り60万に対抗できなかったんじゃないですか?うちは、ディーラーさんと同じ買取価格で取引するつもりはなくて、売却の時期にはよりますが、60万円以上で買取交渉させて頂きたいです!」

 

おおおお!強気発言!!!

だがしかし、明確な数字までは教えてもらえず、、。

 

ただし、今の時期(11月~12月)の買取り市場は落ち込む傾向にあるんだそうな。

 

それは、海外から中古車の買取りにくるバイヤーさんがお国へ一斉に帰る時期がこの時期らしい。じつを言うならバイヤーさんが日本に来る4月~5月頃に買取りに出した方が高く売れるんだと。

 

 今回、ルミオンを高く買い取りしてくれる理由になったのは、

走行距離10万キロ以内のルミオンを探しているお客さんが丁度よくいたということでした。

 

高く買い取っても利益が取れなければ手を引きますが、すぐにでも欲しいお客さんを確保していれば下取りと競合してでも欲しいですよね。

 

もし、買い取ってもらうならここに決まりかな?

 

 

車の買取り査定ラッシュを終えてみて

 試しにどんなものかやってみただけですが、

こんなにも内容が濃く充実した結果になるとは想像していなかったので、やってみた率直な感想は、

 

色んな買取業者に査定してもらったほうが、面白い!

 

です(笑)車の買取り一括査定ってどうも…

うさんくさくてめんどくさい。(←大きい文字じゃ言えないからズームして下さい)

と内心思ってたんですが。笑

 

実際にやってみたら

業界の裏話や値引きのアドバイスまで教えてくれて、新しい世界を見た感覚になりました。

 

こんな風に私のかわいいルミオンも、欲しい人に高い金額で買い取ってもらえた方が、私もルミオンも幸せなんじゃないか?と思えるようになりました。

 

 

さらに、買取り査定したことによって、ディーラーさんへ再び交渉へ行くときの良い材料になると思いました。

 

下取りと買取をチラつかせることで

下取り価格の引き上げや車輌の値引きがされやすいと、

 

それぞれの買取りに来たお兄さんたちが口をそろえて教えてくれました。

 

ネットで言われている、

新車購入時の交渉材料としても使える

というのは本当だったので、是非使わせて頂こうと思いました!

 

 

車買取一括査定を試して知ったこと<まとめ>

●自分が思っていたマイナスイメージとはまったく逆で、それぞれの買取り業者さんの真面目さが分かったし、面白かった

●ディーラー下取りが買取より絶対安いというわけではない

●買取査定してもらったことで、下取り価格に納得ができた

下取りと値引きを大きくしてでも売りたいのが11月~12月。新車買うならこの時期

車の売却だけならバイヤーが日本へやってくる4月~5月

ディーラーで値引き交渉したいなら、買い取り査定のリアルな数字を出すと効果的

買取業者さんによって、欲しい車かどうか?が基準だから、買い取り価格に差が出る

●そもそも、私のために無料で査定の出張に来てくれるから楽

●業界の知らない話を沢山聞くことができて、かなり勉強になった

●次乗り換えるときもやってみよ~と思えるようになった

買取業者一社ずつ回らなくて済んだ

 

使った車買取一括査定サイト↓↓

 

 

かんたん車査定ガイド公式HP 

 

かんたん車査定ガイド https://a-satei.com/

 

最後に、私の思う「新車を絶対安く買う!」という意気込みは更に加速し、この後、ローンを組むための利子に対してどこまで安く借りられるか?という挑戦をしました。

 

 

追伸:ルミオンの行方は…

 

一週間ほど経ってから、アッ●ルさんから連絡を再度いただきました。

その時に言われたのが、

 

「欲しい方がいまして、65万円くらいで買い取らせて頂きたいのですが、いかがですか?」

 

と、、!!!!

 

 

だがしかし!じつは、

親族に買い取ってもらえる話が浮上していたためお断りさせて頂きました。

 

 

そして、

最終的に付いたルミオンの買取金額が65万円

ということで、

 

ディーラー下取りより5万円UP!

 

 

その金額で親族に買い取ってもらいましたとさ★

 

 

買取金額を提示してくれたお店から1回ほど連絡がありましたが、

わりとさっぱりしていて、メールも電話も一切ありませんでした。

 

結局は、買取業者というのは

支店のスタッフ―があっちこっちバタバタ出張していたり、お店にもお客様がいらっしゃるので、

 

あと腐れなく引き際はサラっと!!!!!

 

が現状みたいです。

 

色々バタバタしましたが、

新車ノアも無事納車され、広い車内に男子たちは大喜びな我が家でした!

 

 

 

 

 

【サイト内検索】愛車の買取相場を自動計算

かふうカーズオリジナル 下記2項目の入力のみ! おおよその<査定額>を今すぐ検索しよう!

初度登録

車種名(フリーワード)

例:『レクサス ハイブリッド』『フィット 4wd』

関連記事

アクセスランキング

記事 最新

もっと見る

人気の記事

もっと見る

注目の中古車買取