【アフターコロナ】中古車の買取価格が急上昇中!買取価格をチェックしてみよう。

リアルタイム車買取価格をチェック!

かふうカーズオリジナル 下記2項目の入力のみ! おおよその<査定額>を今すぐ検索しよう!
(※個人情報の入力は不要、査定依頼ではありません)

初度登録

車種名(フリーワード)

例:『レクサス ハイブリッド』『フィット 4wd』

車の個人売買のやり方って?

気になる話題 ライター:

車の個人売買のやり方って?

車を個人売買するときには、必要になる書類を準備したり、手続きをするのは自分たちでやらなければいけません。

 

まず売買をするためには、知り合いに売るのではなければ、どこかのオークションサイトやフリマアプリで売りに出さなければいけません。価格と商品の説明をもとに入札が行われて、一番高値をつけた人が落札をします。取引が成立したならば、次は名義の変更をして車を渡すという流れになります。名義の変更を誰が引き受けるのかについてトラブルになることがおありますが出品者が手続きをする事が多いです。

 

ただ、そのためには双方ともに多くの書類を用意することになります。車検証や自賠責保険章、自動車税納税証明書などを用意して運輸支局で手続きをしていきます。

個人売買をするときには、すでに支払った税金についてですが、そのままだと出品者は落札者のぶんまで支払うことになります。それを取り戻すことが出来なければまた別のトラブルが起きるかもしれません。還付金は車の登録を抹消したときだけ受け取れるので一時抹消をすることで、余計なトラブルを防ぐことが出来ます。一時抹消をすればナンバープレートがなくなるので公道を走る事ができませんから輸送業者に運んでもらうか、仮ナンバーを取得して運ぶことになります。

 

ただ仮ナンバーがついているときに事故が起きれば無保険状態なのでリスクがあります。無難なのは輸送業者に任せることです。

アクセスランキング