ダイハツ トールの最新情報2018。モデルチェンジ予想

気になる話題 ダイハツ

→トール、トールカスタムがマイナーチェンジ!(2018/11/01更新)

 

ダイハツのトールは、「使い勝手の良いちょうどいい大きさ」と口コミで話題のコンパクトカー(トールワゴン)。

ちなみに、この車両によく似た(というか一緒)、トヨタルーミー&タンクと、スバルジャスティは、ダイハツが企画、開発、生産の全てを担いOEM供給している車。いずれも発売開始日は2016年11月9日。2018年上半期の販売台数は、トール11,903台、ルーミー44,923台、タンク38,001台となっている。この差は、トヨタの営業、宣伝力の強さ、ブランドイメージ、店舗数が挙げられる。

※OEMとは、他社メーカーに頼まれて製造する車のこと。

モデルチェンジ予想

いろいろ調べてみた結果、2018年11月~2019年10月までの間に、マイナーチェンジする事が予想されています。

変更内容は、安全装備のスマートアシスト2が最新技術「スマートアシスト3」に変更とともに、走行性能、燃費の向上が期待されています。という事は、同時に、ルーミー、タンクもモデルチェンジするかもしれませんね。楽しみです♪

主なスペックは?特徴も

トール(Thor)=「力強く頼りがいのある相棒」、「背が高い」の意味を込めた新ジャンルのトールワゴン(新型小型乗用車)。※軽自動車じゃないよ。

【主要スペック】※現行モデル

種類 内容
燃費(JC08モード) 21.8km/L~24.6km/L
車体サイズ 全長3,700 × 全幅1,670 × 全高1,735mm
排気量 996cc
タイヤ&ホイール 165/65R14

※全長:「SA Ⅱ」シリーズは、3,725mm

※タイヤ&ホイール:「カスタムG ターボSA Ⅱ」は、175/55R15

 

 

トールの特徴は、コンパクトボディでありながら、広い室内スペース。

しかし、ボディは高剛性に優れていながら、ハンドル操作がスムーズなつくりになっている。

車中泊が出来てしまうほどのフラット感や、自転車が詰めてしまうほどの広さが人気の1つ。「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」を目指して開発したそうです。

買った人の口コミ情報

こんな意見がありましたので参考までに。

 

 

新型トールに買い替えを検討中の方への重要なお知らせ※

新車に買い替える際、重要なのが「ディーラー下取り価格と中古車専門店の価格の違い」を知ること。買取価格は中古車業者の顧客動向などにより常に変動しており、その時点での欲しい理由によっては査定額が大幅に上昇することもあります。面倒だからと1業者で売却や下取りを決めるのではなく、複数の中古車業者の見積もりを比較することを強くお勧めします。当サイトでは株式会社エイチーム(東証一部上場)との提携により下記入力フォームから安心の一括査定依頼をスタートすることができます。たった9項目45秒で完了、最大10社の車買取業者がメールまたは電話にてご連絡いたします。 各社からの査定金額を比較して最高額の売却先を見つけてください。

修理や車検、新車購入前に!あなたの車の価値を知りたくないですか?↓↓↓

リアルタイム車買取価格をチェック!

かふうカーズオリジナル 下記2項目の入力のみ! おおよその<査定額>を今すぐ検索しよう!
※個人情報の入力は不要

初度登録

車種名(フリーワード)

例:『レクサス ハイブリッド』『フィット 4wd』

関連記事

アクセスランキング

人気の記事

もっと見る

注目の中古車買取