【アフターコロナ】中古車の買取価格が急上昇中!買取価格をチェックしてみよう。

リアルタイム車買取価格をチェック!

かふうカーズオリジナル 下記2項目の入力のみ! おおよその<査定額>を今すぐ検索しよう!
(※個人情報の入力は不要、査定依頼ではありません)

初度登録

車種名(フリーワード)

例:『レクサス ハイブリッド』『フィット 4wd』

自動車税の納税証明書って?再発行やクレジット払いの注意点!

気になる話題

車検の時などに必要となる自動車の税金をきちんと納めたことの証明をする書面。これは領収書とは別の用紙となります。(自動車税は、改名され「自動車税(種別割)」となりました。)

ちなみに、軽自動車普通自動車では取り扱いがまったくの別物なので注意です。こちらも合わせてご紹介します。

・自動車税 納税証明書について

・自動車税 納税証明書の紛失、再発行

・再発行の必要書類、手数料は?

・クレジットや口座振替の方へ

 

自動車税の納税証明書ってどれ?

自動車を所有している人なら、毎年5月初めに送られてくる自動車税の納税通知書(実際には、納付済通知書と記載されています。ややっこしい・・・

 

この通知書(納付書)は、そのまま金融機関または、近くのコンビニ等で支払いができる払い込み用紙になっています。

例えば、コンビニで納税すると用紙の右側の部分にハンコが押され納税の証明として返却されます。

 

この部分が「自動車税 納税証明書」または自動車税 納税証明書」となります。

 

納税証明書は、車検時に必要となるので捨てずにとっておきましょう。

再交付された納付書、督促状には証明書部分がついていないので、改めて発行する必要があります。

 

紛失したから再発行したい!どうすればいい?

納税証明書は、とても小さいため誤ってどこかに行ってしまいがち・・・。

しかし普通自動車の場合は、平成27年度から車検時に納税証明書の原本の持参が不要になりました。これは、納税の確認が電子化(データ化)システムにより連携されたからです。なので車検だからといって特に再発行は必要ありません。

 

しかし軽自動車に関しては、2020年3月現在このシステムの対象外ですので、やっぱり証明書の持参が必要です・・・。

 

もし証明書を再発行したい場合は、窓口または郵送で申請できます。

※ネット上のみでの発行はできません 

軽自動車:市役所「納税課」、出張所

普通自動車:県税事務所

 

窓口の場合は、手続きをするとその場で受け取れます。

郵送の場合は、該当する管轄のホームページからネットで申請書をダウンロードし郵送してください。約1週間~10日ほどで証明書が届きます。

また、お住まいの地域に「自動車税事務所」があればそちらでも交付手続きができるようです。

 

再発行の必要書類や手数料は?

【持参する必要書類】車検用

■免許証(身分証明書)

■車のナンバー

 

必要に応じて用意するもの

・車検証(写しでもOK)※代理の場合

・委任状※代理の場合

・印鑑

・領収証※銀行や郵便局などで納税したのが2週間以内だと、システム上のデータではまだ反映されていない可能性があり、支払いの確認ができない場合があるため。

 

郵送の場合は、

・郵送用の申請書

・返信用封筒(切手も)

・本人確認書類の写し

・車検証の写し

・領収書

 

いずれも車検用の証明書であれば、手数料はかかりません。

用途がそれ以外の場合などは300円かかります。

 

納税証明書について自動車税クレジット払い、口座振替の方へ

※軽自動車を所有している人は、車検の年にクレジットカード払いにしてしまうと証明書が発行されず、再発行手続きに行かなくてはいけなくなってしまうので、ご注意ください。

また、口座振替にて納税している人は、2018年(平成30)から納税通知書、納税証明書の送付が廃止されています。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【大田原市、那須塩原市、那須町】の方限定!

ただ今、6か月リース料金が無料キャンペーン実施中

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒https://car-smile.net/

 

頭金なし新車に乗れる。しかも税金も車検も全部コミコミなのに月々1万円~しかも…

マイカーリースなら栃木県北の地元密着型カーリース専門店CARSMiLE

地元密着だから、きめ細かいメインテナンスが可能です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

そろそろ新車に買い替えを検討中の方への重要なお知らせ※

あなたの今乗っている車の価値は、現在いくらなのかご存知ですか?

新車に買い替える際、安く買う上で、もっとも重要なのが「ディーラー下取り価格と中古車専門店などの価格の違い」を知ること。
買取り価格は、中古車業者の顧客動向などにより常に変動しており、その時点での欲しい理由によっては査定額が大幅に上昇することもあります。
面倒だからといって1社の業者で、査定してもらい価格を知るのではなく、市場相場を確認した上で、さらに複数のまったく違う業者の見積もりを比較することを強くおススメします。

売却や下取りを決める前に、まずは相場価格の確認をしましょう。

当サイトでは、株式会社リクルート(東証一部上場)との提携により、入力フォームから相場価格の確認&安心の一括査定依頼をスタートすることができます。たった90秒で完了、最大30社の車買取業者がメールまたは電話にてご連絡いたします。 各社からの査定金額を比較して最高額を見つけてください。

関連記事

アクセスランキング

人気の記事

もっと見る

注目の中古車買取