【決算前】車の買取価格が急上昇中!買取価格をチェックしてみよう。

リアルタイム車買取価格をチェック!

かふうカーズオリジナル 下記2項目の入力のみ! おおよその<査定額>を今すぐ検索しよう!
(※個人情報の入力は不要、査定依頼ではありません)

初度登録

車種名(フリーワード)

例:『レクサス ハイブリッド』『フィット 4wd』

車検証の改姓、住所変更はどこでやるの?必要書類などをご紹介!

特集

 

結婚などにより、車検証の所有者、使用者欄の氏名(苗字、姓のみ)や住所を変える場合は、変更手続きをします。これは「変更登録」といいます。

ここでは、手続きの方法や手数料などを詳しくご紹介します。

また所有者自体が変わる「名義変更(移転登録)」は、また別の手続きとなります。

詳しくはこちら

どこへ行ったらできる?

以下のように手続きをする場所は、車の種類によって異なります。

 

普通車:陸運局(運輸支局)

軽自動車:軽自動車検査協会

 

あなたの車のナンバーを管轄している陸運局等へ行って手続きしましょう。

また氏名の変更は、自動車販売店(ディーラーなど)や、行政書士事務所でも代行依頼ができます。(別途代行手数料)

なお、結婚などで氏名と同時に住所が他県などに代わる場合は、新しい住所地のナンバーを管轄している場所で申請をすると、同時にナンバープレートの変更もできるので1回で手続きが完了します。

氏名変更の必要書類は?費用はどれくらい?

【基本的な書類】軽自動車、普通車共通

車検証(自動車検査証)※コピー不可

印鑑(実印ではなく認印でもOK)

戸籍抄本(謄本)3ヵ月以内のもの

※婚姻などで姓が変わる場合に必要。これは氏名の変更の事実が証明できる書面として用意します。

 

申請書

手数料納付書

納税申告書(自動車税、自動車取得税)※必要な場合のみ

 ・④⑤⑥は、申請する窓口などで受け取れます。

 

以下の場合は、上記の他に書類がさらに必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【住所】も変更する場合

住民票(3ヵ月以内のもの)

車庫証明書(発行からおおよそ1ヵ月以内のもの)

 

※住民票は、車検証に記載の住所から現住所のつながりが分かるものが必要です。

※車庫証明書は、車検証の所有者、使用者欄の住所とは別に、「使用の本拠の位置」の欄も変わる場合に必須です。→車庫証明書の取り方

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【代理】または【所有者、使用者名義が自分ではない】場合

委任状(見本)

 

自分で手続きに行く場合、所有者、使用者名の変更したい箇所が自分名義の車であれば、委任状は不要です。

氏名、住所変更は、代行手数料はかかりますが、自動車販売業者さんなどにも依頼することができますのでその際などに必要です。また、所有者欄がディーラーやリース会社名など自分以外の場合も委任状が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

申請手数料 350円

 

これは、印紙で支払いますが申請場所の近くで購入します。(検査登録印紙代)

 

また、ナンバープレートも変わる場合は、ナンバープレート変更申請の手数料が2,000円程かかり、車の持ち込みも必要です。

 

軽自動車の氏名、住所変更は?

基本的な用意するものは一緒です。

・軽自動車の場合は、車庫証明書がいらない地域がほとんどです。

・委任状は「申請依頼書(見本)」の取り扱いとなります。

・住民票は、マイナンバーの記載のないものをご用意ください。コピー可。

 ・軽自動車の場合、改姓や住所変更のみであれば手数料は無料です。手続き名称は「自動車検査証記載事項の変更」。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020年、中古車買取業界が今、アツい!?

不要な車は【今すぐ】廃車あるいは売却しましょう!

※中古車の価格は常に変動しています。今まさにあなたの不要車と同レベル車が最高値で売り買いされているかもしれません。

 

10万キロ以上の古い日本車でも、あらゆるパーツがお金に変わる時代です。

 

まずは、当サイトの上部フォームで、あなたの車の概算価格をチェックしてみよう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そろそろ新車に買い替えを検討中の方への重要なお知らせ※

あなたの今乗っている車の価値は、現在いくらなのかご存知ですか?

新車に買い替える際、安く買う上で、もっとも重要なのが「ディーラー下取り価格と中古車専門店などの価格の違い」を知ること。
買取り価格は、中古車業者の顧客動向などにより常に変動しており、その時点での欲しい理由によっては査定額が大幅に上昇することもあります。
面倒だからといって1社の業者で、査定してもらい価格を知るのではなく、市場相場を確認した上で、さらに複数のまったく違う業者の見積もりを比較することを強くおススメします。

売却や下取りを決める前に、まずは相場価格の確認をしましょう。

当サイトでは、株式会社リクルート(東証一部上場)との提携により、入力フォームから相場価格の確認&安心の一括査定依頼をスタートすることができます。たった90秒で完了、最大30社の車買取業者がメールまたは電話にてご連絡いたします。 各社からの査定金額を比較して最高額を見つけてください。

関連記事

アクセスランキング

人気の記事

もっと見る

注目の中古車買取