【アフターコロナ】中古車の買取価格が急上昇中!買取価格をチェックしてみよう。

リアルタイム車買取価格をチェック!

かふうカーズオリジナル 下記2項目の入力のみ! おおよその<査定額>を今すぐ検索しよう!
(※個人情報の入力は不要、査定依頼ではありません)

初度登録

車種名(フリーワード)

例:『レクサス ハイブリッド』『フィット 4wd』

廃車の手続きってどうやるの?

気になる話題

一言で「廃車の手続き」といっても車の状態や用途により3種類あり、それぞれ手続き方法や必要書類などが異なります。

そんな廃車について「どこでやるの?」「費用はどのぐらい?」「代理でやってもらえる?」などの疑問について詳しくご紹介します。

廃車の手続きは3種類。どこで申請するの?

車を手放すとき、その車が走行できる状態にない場合などに「廃車」の手続きをすると思いますが、手続きは「永久抹消」「一時抹消」「解体届出」の3つです。

 

申請をする場合は、運輸支局(陸運局)で手続きしましょう。

 

1、永久抹消登録

永久抹消とは、自動車がまだ登録されている状態(ナンバープレート返納前)のまま解体した自動車の廃車手続きです。水没、事故、劣化などにより今後、修理をしても走行が不可能な車に対して行う手続きです。※車検切れの車でも手続き可能です。

 

2、一時抹消登録

一時抹消とは、一時的に自動車の利用を停止し、所有していても「税金がかからない」(ナンバープレート返納)状態にしておく時に必要な抹消登録の手続き名称です。

 

例えば、現状は公道での走行はしないが必要になったらまた車検をして乗りたい場合や、譲る相手が見つかった時に譲渡したいのでそれまでは解体しないで取っておくなどの場合が考えられます。もしまた車両として使用する場合は「中古車新規登録」手続きをすることで公道を走れるようになります。

 

3、解体届出

上記の「一時抹消登録」をしていた自動車を解体した後に行う手続きです。

 

■車自体がない場合は「申立て」

「申立て」とは、車自体がなくなってしまった場合に行う申請手続きです。この申請は、まず警察署に盗難届などをする必要があります。 

必要書類や費用はどのくらい?

永久抹消登録に必要な書類

①名義人(所有者)の印鑑(実印)

②名義人(所有者)の印鑑証明書※3ヵ月以内のもの

車検証(自動車検査証)

ナンバープレート前後2枚

 

「移動報告番号」と「解体報告日」の控え(メモ書きでOK)

移動報告番号は、リサイクル券番号のハイフンを除いた番号。

解体報告日(解体報告記録日)は、解体業者に確認する。もしくは自動車リサイクルシステムHPで検索する。

 

委任状見本 様式例1

代理人が申請する場合に所有者の実印を押したものが必要です。

 

申請書(OCR申請書第3号様式の3)

手数料納付書※ただし手数料は不要です。

自動車税・自動車取得税申告書

⑦⑧⑨の書類は、陸運局の窓口で配布しています。

 

一時抹消登録に必要な書類

上記の①~④と、⑦⑧です。

 

解体届出に必要な書類

前提として、一時抹消登録された自動車が対象です。

 

・登録識別情報等通知書(または一時抹消登録証明書)

・「移動報告番号」と「解体報告日」の控え(メモ書きでOK)

・申請書

・手数料納付書

・委任状

※代理の場合は、所有者の認印が押されたものが必要です。

車検が1ヵ月以上残っている場合の還付金について

もし、廃車にする車の車検が1ヵ月以上残っている場合は、「自動車重量税の還付」が受けられます。

大抵の都道府県では抹消登録をすることで、「自動車重量税の還付」が管轄同士の連携により行われますが自動車税は、地方税となっているため各都道府県の自治体によっては廃車の手続きをした後に、管轄の自動車税事務所(県税事務所など)に行って必要書類を提出する場合があります。

 

また、自賠責保険も車を廃車にした時に還付を受けられる対象となっておりますので、年度途中で廃車にした場合は保険会社に申請しましょう。

代理で手続きできる?費用はどのくらい?

廃車に関する「永久抹消登録」「一時抹消登録」は、代理人による申請が可能です。

車を取り扱っているお店(車買取業者、ディーラーなど)や行政書士事務所などで依頼することができます。ただし、代行手数料がかかります。相場は0円~20,000円ほど。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※毎年4月1日が車の税金が課税される基準日です。

不要な車は【4月末】までに廃車あるいは売却しましょう!

自動車税が11ヵ月分も戻ってくる「自動車税還付」が受けられる場合があります。

 

また、この時期は車の売却価格が一番高くなる時期です。思わぬ価格で売れるかも。

 

まずは、当サイトの上部フォームで、あなたの車の概算価格をチェック!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そろそろ新車に買い替えを検討中の方への重要なお知らせ※

あなたの今乗っている車の価値は、現在いくらなのかご存知ですか?

新車に買い替える際、安く買う上で、もっとも重要なのが「ディーラー下取り価格と中古車専門店などの価格の違い」を知ること。
買取り価格は、中古車業者の顧客動向などにより常に変動しており、その時点での欲しい理由によっては査定額が大幅に上昇することもあります。
面倒だからといって1社の業者で、査定してもらい価格を知るのではなく、市場相場を確認した上で、さらに複数のまったく違う業者の見積もりを比較することを強くおススメします。

売却や下取りを決める前に、まずは相場価格の確認をしましょう。

当サイトでは、株式会社リクルート(東証一部上場)との提携により、入力フォームから相場価格の確認&安心の一括査定依頼をスタートすることができます。たった90秒で完了、最大30社の車買取業者がメールまたは電話にてご連絡いたします。 各社からの査定金額を比較して最高額を見つけてください。

アクセスランキング

人気の記事

もっと見る

注目の中古車買取