レクサスes300h日本発売いつ?【最新】値引き限界値を予想!

気になる話題 レクサス ライター:

レクサスES 300h(新車)は現在、海外で発売している。日本でも米国レクサスとして中古販売もされているレクサスESは、歴史が長く1989年にLEXUS最初のモデルとして登場している。今回レクサスは、原点とも言える「上質な快適性」をさらに進化させるためフルモデルチェンジする。↓新型es

レクサスES 300h日本発売のウワサを徹底調査!

レクサスは、新型esについて2018年9月12日にまた新たな発表をした。

新型ES、ES F SPORTは、2018年10月下旬に日本で初導入予定としているのだが、そのモデルにデジタルアウターミラーを採用することを発表。

デジタルアウターミラーとは、サイドミラー部分に設置された高性能カメラの映像を運転席右前、助手席左前側の5インチディスプレイに映し出す機能のこと。

このカメラは、雨などの影響を受けにくいため、クリアな視野で後方の確認が可能となり、運転状況に応じた周辺の安全確認の支援となる。

気になる価格は?

 車両イメージは、LSやカムリなどに似ていると話題になっている。

気になる価格は、ハイブリッドモデルで550万円~700万円(未定)ほどでHVを含む3つのグレードが用意される予定。

参考価格として、現在の米国レクサスES 300hが$41.820。日本円で大体465万円ほどである。

上質な乗り心地とスポーティな走りを実現するためGA-Kプラットフォームや新世代ハイブリッドシステムなど、LEXUSの最新技術を導入。

サイズは、全長4,975mm全幅1,865mm全高1,445mmホイールベース2,870mmである。

↑F SPORT

 

スポンサードリンク

 

新型ESの値引き限界値は?予想

新車本体の値引き額は、高級セダンの場合

目安として10万円~30万円程度。

 

レクサスesに買い替えを検討中の方への重要なお知らせ※

新車に買い替える際、重要なのが「ディーラー下取り価格と中古車専門店の価格の違い」を知ること。買取価格は中古車業者の顧客動向などにより常に変動しており、その時点での欲しい理由によっては査定額が大幅に上昇することもあります。面倒だからと1業者で売却や下取りを決めるのではなく、複数の中古車業者の見積もりを比較することを強くお勧めします。当サイトでは株式会社エイチーム(東証一部上場)との提携により下記入力フォームから安心の一括査定依頼をスタートすることができます。たった9項目45秒で完了、最大10社の車買取業者がメールまたは電話にてご連絡いたします。 各社からの査定金額を比較して最高額の売却先を見つけてください。

 

新車に乗り換えの前に、ちょっと待った!【速報!一括査定のリアルな声】

新しいクルマの購入を考えるとき、すごーく気になるのが価格。 安く買う方法として、最もカンタンなのが、「下取り車」の査定額をUP!させる事。下取り車に高値が付けば付くほど、買う時の負担金が大きく減ることになります。「下取り車は新車の頭金の一部として」という考え...

修理車検新車購入前に!今の車の価格を見ておこう!
【簡易版】車査定価格_自動計算

かふうカーズオリジナル 下記2項目の入力のみ! おおよその<査定額>を今すぐ検索しよう!

初度登録

車種名(フリーワード)

例:『レクサス ハイブリッド』『フィット 4wd』

関連記事

アクセスランキング

かんたん車査定ガイド

人気の記事

もっと見る

注目の中古車買取