自動車のパンク修理キットの使い方やをくわしく解説します!

気になる話題 ライター:

パンク修理はディーラーやタイヤ専門店のほか、自分でパンク修理キットで修理することも可能です。ですが自分でのパンク修理キットは応急処置と考え、修理後はなるべく早くプロに見てもらいましょう。

パンクした箇所によってはできないこともありますので、分からない場合は自己判断せず、プロにお任せすることをおすすめします。

また、パンク修理キットの使用については自己責任でお願い致します。

1.パンク修理キットの使い方

自分でパンク修理キットを使うにはまず、ジャッキアップします。タイヤが持ち上がったらバルブを外して薬剤を注入してください。※薬剤には使用期限があるので事前によく確認してください。

薬剤を注入したら、全体に広げるためタイヤを回転させます。

次に、シガーソケットにコンプレッサーを設置し、電源を入れてタイヤに空気を注入してください。

空気が入ったら、ジャッキを外して終了となります。

2.パンク修理キットがなくても車検に通る?

以前は、スペアタイヤがないと車検には通らないということもありましたが、現在ではスペアタイヤやパンク修理キットがなくても車検は通るようです。

しかし、パンク修理キットの薬剤には使用期限がありますので、適宜確認し、期限が切れないようにメンテナンスするようにしてください。

 

自分で手軽にパンクを修理できるパンク修理キット。ですが応急処置と考え、修理後はなるべく早くプロに見てもらうことをおすすめします。

 

おすすめ記事

修理車検新車購入前に!今の車の価格を見ておこう!
【簡易版】車査定価格_自動計算

かふうカーズオリジナル 下記2項目の入力のみ! おおよその<査定額>を今すぐ検索しよう!

初度登録

車種名(フリーワード)

例:『レクサス ハイブリッド』『フィット 4wd』

アクセスランキング

人気の記事

もっと見る

注目の中古車買取