レクサス新型「UX」クロスオーバー2018年冬に販売開始予定

新車情報 レクサス

レクサスUXのスペック:外観・内装・特徴

 新型レクサスUXの発売は2018年冬を予定。

LEXUSは、スイス・ジュネーブで2018年3月6日~18日に開催されている2018年ジュネーブモーターショーで新型UXを世界初披露しました。高級感のあるコンパクトクロスオーバーSUV。

 

 

スペック

 UXは、最新エンジン直列4気筒2.0ℓ直噴エンジンや2.0ℓハイブリッドシステムを導入。また、外観(ボディ)の高剛性化しつつ、軽量化による低重心化により走行のしやすさを強化し、バンドルの素早い反応と、安定性を実現。しかし、安心感を感じさせる力強い骨格を持つ。

タイヤ&ホイールは、17、18インチ。

 

インテリア(内装)

フロント部分(運転席、助手席)は、広い視野で開放感がある圧迫感を感じない空間に。

社内と屋外の境界を曖昧にする日本の建築思想を元に「人とクルマの一体感」を創出。フロントシート(座席)は伝統的な「刺し子」の刺繍技術をモチーフにしたキルティングの採用。

 

 

安全性能は?第2世代「Lexus Safety System +」とは

新型UXには、新開発の第2世代「Lexus Safety System +(レクサスセーフティシステム)」を導入

第2世代「Lexus Safety System +」とは、衝突回避支援や高度運転支援機能である「Lexus CoDrive」と、現行のLexus Safety Systemをさらに進化させた安全技術

主な進化としては、単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能になったなど。

 

Lexus CoDrive【詳細】

レーダークルーズコントロール

前方車両に対する割り込み検知にすぐれた認識性能

レーントレーシングアシスト

車線を大幅にはみ出さず、中央にて安全な走行が出来るようにステアリング操作

レーンチェンジアシスト

高速道路などを走行中、車線維持支援機能が作動中にレーンチェンジのためのハンドル操作、加速と減速、車線変更先の車両監視の支援

 

 

【その他】

パーキングサポートブレーキ

アクセルの踏み間違いによる衝突や、近づいてくる後方車との接触事故の軽減

プリクラッシュセーフティ

昼間の自転車運転者や夜間の歩行者を検知&警告

パノラミックビューモニター

周辺を確認できる高性能モニター

ふらつき警告

カーブ速度抑制機能

 

など。

 

https://lexus.jp/models/ux/

おすすめ記事

修理車検新車購入前に!今の車の価格を見ておこう!
【簡易版】車査定価格_自動計算

かふうカーズオリジナル 下記2項目の入力のみ! おおよその<査定額>を今すぐ検索しよう!

初度登録

車種名(フリーワード)

例:『レクサス ハイブリッド』『フィット 4wd』

アクセスランキング

人気の記事

もっと見る

注目の中古車買取