レクサス新型「UX」最新情報。2018年冬に販売開始予定

新車情報 レクサス

レクサスUXのスペック:外観・内装・特徴

 新型レクサスUXの発売は2018年冬を予定。

LEXUSは、スイス・ジュネーブで2018年3月6日~18日に開催されている2018年ジュネーブモーターショーで新型UXを世界初披露しました。高級感のあるコンパクトクロスオーバーSUV。

スペック

 UXは、最新エンジン直列4気筒2.0ℓ直噴エンジンや2.0ℓハイブリッドシステムを導入。また、外観(ボディ)の高剛性化しつつ、軽量化による低重心化により走行のしやすさを強化し、バンドルの素早い反応と、安定性を実現。しかし、安心感を感じさせる力強い骨格を持つ。

車体全長は、4,495mmで、全幅が1,840mm。タイヤ&ホイールは、17、18インチ。

エンジンは、ガソリンエンジンとハイブリッドの2種類のパワートレイン(UX200、UX250、UX250h)導入。

燃費は、UXのガソリンモデルで12km/L程度になりそう(※予想)380万円~530万円程度の価格?

インテリア(内装)

フロント部分(運転席、助手席)は、広い視野で開放感がある圧迫感を感じない空間に。

社内と屋外の境界を曖昧にする日本の建築思想を元に「人とクルマの一体感」を創出。フロントシート(座席)は伝統的な「刺し子」の刺繍技術をモチーフにしたキルティングの採用。

安全性能は?第2世代「Lexus Safety System +」とは

新型UXには、新開発の第2世代「Lexus Safety System +(レクサスセーフティシステム)」を導入

第2世代「Lexus Safety System +」とは、衝突回避支援や高度運転支援機能である「Lexus CoDrive」と、現行のLexus Safety Systemをさらに進化させた安全技術

主な進化としては、単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能になったなど。

 

Lexus CoDrive【詳細】

レーダークルーズコントロール

前方車両に対する割り込み検知にすぐれた認識性能

レーントレーシングアシスト

車線を大幅にはみ出さず、中央にて安全な走行が出来るようにステアリング操作

レーンチェンジアシスト

高速道路などを走行中、車線維持支援機能が作動中にレーンチェンジのためのハンドル操作、加速と減速、車線変更先の車両監視の支援

【その他】

パーキングサポートブレーキ

アクセルの踏み間違いによる衝突や、近づいてくる後方車との接触事故の軽減

プリクラッシュセーフティ

昼間の自転車運転者や夜間の歩行者を検知&警告

パノラミックビューモニター

周辺を確認できる高性能モニター

ふらつき警告

カーブ速度抑制機能

など。

https://lexus.jp/models/ux/

 

スポンサードリンク

 

 

レクサスUXに買い替えを検討中の方への重要なお知らせ※

新車に買い替える際、重要なのが「ディーラー下取り価格と中古車専門店の価格の違い」を知ること。買取価格は中古車業者の顧客動向などにより常に変動しており、その時点での欲しい理由によっては査定額が大幅に上昇することもあります。面倒だからと1業者で売却や下取りを決めるのではなく、複数の中古車業者の見積もりを比較することを強くお勧めします。当サイトでは株式会社エイチーム(東証一部上場)との提携により下記入力フォームから安心の一括査定依頼をスタートすることができます。たった9項目45秒で完了、最大10社の車買取業者がメールまたは電話にてご連絡いたします。 各社からの査定金額を比較して最高額の売却先を見つけてください。

あなたの愛車の価格は?相場を60秒でチェック!「下取り、売却」をお考えならコレ!

今あなたがお持ちの車の価値は? ▼全国対応▼ 査定額の相場が今すぐ分かる!(最短60秒)   ↓ 車両情報、名前、電話番号、住所、メールアドレスを入力 ↓ ↑↓相場価格が出る!↓↑   完全無料で概算価格がわかります! >>さっそく、相場を確認する<<   ↓さ...

修理車検新車購入前に!今の車の価格を見ておこう!
【簡易版】車査定価格_自動計算

かふうカーズオリジナル 下記2項目の入力のみ! おおよその<査定額>を今すぐ検索しよう!

初度登録

車種名(フリーワード)

例:『レクサス ハイブリッド』『フィット 4wd』

アクセスランキング

かんたん車査定ガイド

人気の記事

もっと見る

注目の中古車買取