【車検】も【税金】もコミコミ♩トヨタの新車が月々...なのに

えっ?まだクルマ買ってるの?

>

ダンロップタイヤの製造年月日の見方は?価格、種類やカタログも

気になる話題 ライター:

タイヤの製造年月日の見方は? 

製造番号の表記は、年と週を表しています。

↑上記の画像の場合、「4318」と刻まれていますが、この場合、最初の「43」が製造週、最後の「18」が年数なので、「2018年」製造のタイヤという事が分かります。※2000年以降に製造されたタイヤ

 

車のタイヤを購入したい場合、どのタイヤにするとよいのか迷うのではないでしょうか。メーカーや車種、タイヤのサイズをチェックして選ぶ必要があります。

ダンロップタイヤの価格や種類は?

ダンロップは低燃費で耐摩耗性に優れるタイヤ製造を得意とするメーカーです。

 

ダンロップの国内展開シリーズは、

・ビューロ(コンフォートタイヤ)

・ルマン(コンフォートタイヤ)

・エナセーブ(エコタイヤ)

・グランドトレック(SUV専用タイヤ)

・ディレッツァ(スポーツタイヤ)

・ウィンターマックス(スタッドレスタイヤ)

 

SUVに用いられる「GRANDTREK」やスポーツ性能を高めた「DIREZZA」、特殊吸音スポンジを採用した「VEURO」が有名です。 ダンロップのタイヤは経済コストに優れており、年間走行距離が多いオーナーに最適です。価格面でも他社に比べて若干お値打ちです。

 

 

タイヤの製造年月日に注意!

自分の車のランクに合うタイヤを選ぶとよいですが、製造年月日も注意する必要があります。ゴムにも寿命があるため、新品のタイヤでもトラブルが起きる可能性があります。

 

タイヤの製造年月日の見方は、タイヤの側面の4桁の数字で見ます。

例えば、3408だと、2008年の第34週目に作られた(1週目は1月1日の週です)タイヤということになります。

購入する前に自分の目でしっかりとチェックしておくと、安心して購入することができます。

価格や種類のカタログは?

ダンロップタイヤの最新カタログは、下記リンクからダウンロードできます。

 

→ダンロップタイヤのカタログ

 

近い将来、新車に買い替えを検討中の方への重要なお知らせ※

あなたの今乗っている車の価値は、現在いくらなのかご存知ですか?
新車に買い替える際、安く買う上で、もっとも重要なのが「ディーラー下取り価格と中古車専門店などの価格の違い」を知ること。?
買取り価格は、中古車業者の顧客動向などにより常に変動しており、その時点での欲しい理由によっては査定額が大幅に上昇することもあります。?
面倒だからといって1社の業者で、査定してもらい価格を知るのではなく、市場相場を確認した上で、さらに複数のまったく違う業者の見積もりを比較することを強くおススメします。?

売却や下取りを決める前に、まずは相場価格の確認をしましょう。?

当サイトでは、株式会社エイチーム(東証一部上場)との提携により、下記の入力フォームから相場価格の確認&安心の一括査定依頼をスタートすることができます。たった9項目45秒で完了、最大10社の車買取業者がメールまたは電話にてご連絡いたします。 各社からの査定金額を比較して最高額を見つけてください。

あなたにおすすめのコンテンツ