【アフターコロナ】中古車の買取価格が急上昇中!買取価格をチェックしてみよう。

リアルタイム車買取価格をチェック!

かふうカーズオリジナル 下記2項目の入力のみ! おおよその<査定額>を今すぐ検索しよう!
(※個人情報の入力は不要、査定依頼ではありません)

初度登録

車種名(フリーワード)

例:『レクサス ハイブリッド』『フィット 4wd』

スカイラインクロスオーバー2016年モデルは日本導入の可能性も!?

気になる話題 日産 ライター:

高級クロスオーバーSUV,スカイラインクロスオーバー

日産が主に海外で展開している高級車ブランド、インフィニティより発売されているQX50(旧モデル名はEX35)の、日産ブランド名がスカイラインクロスオーバーとなります。

日本においては、2009年より導入されており、クーペとSUVを融合させた新ジャンルの車となっています。

2014年7月には、前車に電動ガラスサンルーフなどを標準装備とする一部仕様変更が実施されました。

日産新型スカイラインクロスオーバーの車両本体価格と燃費↓

<車両本体価格>(消費税込)

●370GT 4,471,200円

●370GT FOUR 4,752,000円

●370GT Type P 5,184,000円

●370GT FOUR Type P 5,464,800円

<燃費>(JC08モード)

●8.8km/L~9.2km/L

スカイラインクロスオーバーのデザイン

エレガントで優美なクーペのデザインと、力強くスポーティなSUVのデザインの両方を併せ持つスカイラインクロスオーバー。フロントミッドシップにエンジンを搭載しているため、ロングノーズのデザインとなっており、流れるような曲線が美しい、新ジャンルのデザインの車となっています。

インテリアは上質な素材を使い、曲線を多用することにより包み込まれるような優しさの感じられるデザインとなっています。工芸品のようにスタイリッシュに洗練された車内はラグジュアリーな空間となっており、くつろぎのドライビングができそうです!

スカイラインクロスオーバーのエンジン・燃費

スカイラインクロスオーバーには3.7L V6エンジンを搭載。パワフルな加速と機敏なハンドリングが魅力です。高剛性ボディやサスペンションのおかげで、安定性や静粛性の高さも魅力です。

燃費は9.2km/Lとなっています。(グレードによる)

2016年モデルは日本導入の可能性も!?

2015年4月にニューヨークモーターショーにて、インフィニティQX50の2016年モデルが発表されました。

ホイールベースが長くなり、より広くなった車内は居住性が向上しました。また、フロントデザインも最新のインフィニティらしく進化したようです!

アメリカでは2015年秋に発売予定となっており、日本にも導入か!?と話題となってきています。その場合はスカイラインセダンのように、インフィニティエンブレムを配する可能性もありますね!

↓インフィニティQX50 2016モデル

 

2016年モデルの話題も気になるスカイラインクロスオーバー。新情報は追ってお知らせしていきたいと思います!

アクセスランキング