ついに発売!ホンダ新型インサイトをシンプル解説!スペック、価格は?最新情報

新車情報 ホンダ ライター:

2018年12月14日に、新型インサイトが発売開始!コンセプトは、「シンプルで時代に流されない、本質的な魅力を備えたクルマ」。

気になるスペックは?サイズ、価格、燃費

 インサイトはミドルセダンのハイブリッド車。

グレードは全3タイプ。LX、EX、EX BLACK STYLE。

パワートレーンは、2モーターハイブリッドシステムを1.5L DOHC i-VTECエンジンと組み合わせて搭載

また、安全運転支援システムは、先進の「ホンダセンシング」を全グレードに標準装備。

ボディーカラーは全7色。

 

また、静粛性(せいしゅくせい)にとことんこだわった車内。防音材の配置の工夫や、伝達振動の効果的な低減を行ったことにより、「ストレスの少ない」とても静かな車内に。

 

【主要スペック】

本体価格 3,261,600円~3,628,800円
車体サイズ(全長×全幅×全高) 4,675 × 1,820 × 1,410mm
JC07モード カタログ燃費 22.8~34.2km/L
総排気量 1,496 ℓ
定員 5人乗り
ホイールベース 2.700
タイヤサイズ 215/50R17 91V

※LXのタイヤサイズは、215/55R16 93V

 

スポンサードリンク

 

↓過去の記事

HONDAインサイトは、本田技研工業が生産するハイブリッドカーです。1999年にHONDA初のハイブリッドカーとしてデビューするも2006年に、一旦生産を終了。その後、2009年に成長するハイブリッド市場に再投入されましたが、ライバル車の性能を上回る高性能車の開発のために再び生産を終了。

今回、3代目モデルとして復活することが決定しており、北米市場ではデトロイトモータショーで2019年モデルとして正式発表されていました。

↓発表されていたプロトタイプ

 今回のインサイトの日本市場への投入は、成長が著しい日本のハイブリッド市場への勝負と言われており、ライバル車を意識しての市場投入となります。フロントのフォルムは、HONDAで生産する他の車種と類似しており、ルーフ後方からリアのフォルムは欧州市場で製造され、日本市場でも販売されている輸入車のイメージを大きく反映しています。

発売日、価格は?

発売が予定されているのは、2019年春から夏にかけてと言われており、気になる価格はライバル車と同額レンジの200万円後半から300万円前半との予想です。

※2018年11月1日の公式発表で2018年内冬に発売予定

また、2モーターハイブリッド「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載する予定。

さらに、「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を全グレードに標準装備。

2代目モデルの燃費から大幅に向上する予定で、JC08モードで36km/L以上となり、実質走行25km/Lを目指すと言われています。

※2代目のカタログ燃費は、27.2km/L

 

このボディカラー素敵ですね。※個人的意見。

 

2代目と3代目のスタイリングの違い

前回モデルのボディサイズがこれ

全長:4,395mm

全幅:1,695mm

全高:1,435mm

3代目インサイトの車体サイズを比べてみると幅、長さがロングになり、車高がやや低め。

 

修理や車検、新車購入前に!あなたの車の価値を知りたくないですか?↓↓↓

リアルタイム車買取価格をチェック!

かふうカーズオリジナル 下記2項目の入力のみ! おおよその<査定額>を今すぐ検索しよう!
※個人情報の入力は不要

初度登録

車種名(フリーワード)

例:『レクサス ハイブリッド』『フィット 4wd』

関連記事

アクセスランキング

かんたん車査定ガイド

スポンサードリンク

人気の記事

もっと見る

注目の中古車買取